廃車について

トップページ > 自動車解体

廃車と自動車解体について

廃車」と「自動車解体」では意味合いが違います。 多くの方が「廃車」という言葉を聞いて、スクラップを連想されると思いますが、廃車の本来の意味は自動車の登録抹消を行って公道で走れなくすることです。逆に自動車解体は言葉通り、自動車の分解作業を行うことです。これらの意味を理解して業者に依頼をすればお互いの認識のズレをなくすができます。

登録抹消について

抹消登録は一時抹消と永久抹消の2種類があります。なぜ違いがあるのかについてですが、一時抹消は中古車として再販したり長期保管するなどの場合がこれに当ります。 次に永久抹消ですが、文字通り一度永久抹消登録を行えば、二度と公道で走ることはできません。通常自動車解体業者に頼む場合は永久抹消になります。

一時抹消した後については?

一時抹消登録を行った自動車は、再度公道で走るための登録である中古新規登録申請、または永久に抹消登録をする解体届出、 最後に輸出を行うために抹消登録を行う輸出届出のいずれかが必要となります。 一時抹消登録の期間が継続される場合は、 不法投棄の懸念があることから、国土交通省より自動車検査証の所有者などに対して、現状況の確認をおこなうことがあります。
自動車には、「移動報告番号」というものが車1台ごとに番号が割り当てられています。国や陸運局は、 この番号から登録されている自動車の現状況を把握することができます。

ページ先頭へ戻る

廃車に必要な書類は?

当社は廃車の手続きをお客様にやってもらうのが基本ですので、詳しい手順をご説明いたします。

case 1.車検証記載住所に変更がある場合 (ナンバー管轄に変更が無い場合)

  • 車検証記載住所からの変更回数によって用意する書類が異なります。
    1回の場合は住民票、2回目以降は戸籍のふひょうがひつようです。

case 2.車検証記載住所に変更がある場合 (ナンバー管轄に変更が有る場合)

  • 車検証記載住所からの変更回数によって用意する書類が異なります。
    1回の場合は住民票、2回目以降は戸籍のふひょうがひつようです。

詳しくは国土交通省 中国運輸局のサイトでご確認下さい。

ページ先頭へ戻る